日本からアメリカへ!海外送金

こんにちは。

日本からアメリカへの海外送金について、私たちが使っている方法をご紹介したいと思います。
海外へ送金することになったけどどうやって送ろうかな?と思っている方の参考になれば幸いです。

ゆうちょの海外送金

日本に住んでいる人は大半の人がもっているのではないかと思われるゆうちょから海外送金ができます。

窓口でもできるのですが、最近我々が利用し始めたのはゆうちょダイレクト(ネットバンキング)からの海外送金です。

今まで平日に郵便局の窓口に行っては、複写式の書類を書いて、番号札を引いて・・・しかも結構書き方に厳しくて細かく書類を直される、という流れで送金しており、旦那さんはかなーりイライラ。
アメリカのバンキングシステムからいうと考えられないくらい、日本の銀行はアナログ!といつも文句を言っていました。

そんな中ついに!?
先日郵貯の窓口でゆうちょのオンライン海外送金というリーフレットをもらい早速やってみました。

そもそもゆうちょダイレクトというオンラインシステムに旦那さんが登録していなかった為、そこから始まりということで少々時間がかかりましたが無事に

①アカウント作成
②ゆうちょダイレクト用のカードを郵送で受け取る。
③ログインして海外送金を選び、送金先情報を登録。
④ゆうちょ窓口にマイナンバーカードを持っていき登録。
⑤海外送金!

の流れで完了しました。
しかも一度送金先を登録しておけば何度も記入する必要なし!番号札を引いて待つ時間不要!
旦那さんもやっと日本が時代に追いついたか・・・と満足げでしたので、今後は手軽にゆうちょダイレクトから送金します♪

手数料もなんと窓口では2018年5月~5,000円かかるそうなのですが・・・ゆうちょダイレクトでは一律2,000円とのこと。
貧乏夫婦の我々には大変助かります・・・。

マネパカード

こちらは日本にいる人から現地でお金を使う人が実際にいる場合に便利な方法です♪
実際私も留学中は親にこの方法で送金してもらっていましたし、アメリカへ遊びに行くときは使ってます。
留学予定の方は割と便利だと思いますよ♪

マネパカードは日本でまずマネパカードの口座を作成して、日本円で一度入金をします。
そのあと自分のマイページから日本円を使用予定の通貨に両替!
便利なことに色々な通貨に両替できます。
たとえば10万円日本円で入金して、5万円ユーロ、5万円ドルといった両替ができます。

事前に両替しておけば、出発前の準備は完了です。(ネット環境があればいつでも両替できるので、現地でネットにつないで両替してもOK。)

私はお金に余裕がある時にマネパカードに入金しておいて、レートが良い時に米ドルに両替し、渡米した時使うという方法で節約してます。

渡米時にいざ両替!となるとレートが高いのにしぶしぶ両替しないといけなくなるので・・・入金しておいてレートが良い時を見計らって忘れずに両替がオススメ。

現地で使う時はATMから現地通貨を両替した分だけひきだすことができます。

また、プリペイドカードのようにお店でカードを出して、マネパカードの口座から直接決済する事も出来ます。

以前はATMから引き出して現金を持ち歩いていましたが、最近になってプリペイドカード機能に気づいたので、こりゃ便利!!と思ってお店ではプリペイドカード決済を主に使ってます。
マスターカードが使えるところなら大体どこでも使えますよ~。

クレジットカードでも良くない?と思われるかもしれませんが・・・クレジットカードも使った時のレートで決済なので、日本円が弱い時だと悔しい事になります。
私も海外で調子に乗って決済して、日本円で請求が来た時に1ドル当たり数円の差でも300ドルになると思ったより差額でるな・・・などとなること複数回経験済みです。

私は自分でレートの都合をつけて両替できるのでこのカードが好きです♪

日本のクレジットカード、海外で使うと案外手数料が高いのですが、マネパカードはクレジットカードよりも手数料もお得だそうです。



私は正直手数料が安いからというより、好きなレートで両替できて使えるって最高!!!!と思って使ってますが、手数料ももちろんお得な方が良いですよね~。

以上、私たちが利用している海外送金方法でした!
他に良い方法をみつけたら随時更新したいと思います!

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。