海外挙式ーハワイ編ー

こんにちは。

今回は私も予定している海外挙式について数回に分けてご紹介させていただきます。

私の挙式の手配進行についてはまた別記事で詳しく書きたいと思っています。

旅行会社で5年ほど海外旅行と海外挙式の販売を担当していました。少しは詳しい方かと思いますので、海外挙式を検討している方のご参考になれば幸いです☆

まずは多くの人が悩むこと・・・海外で挙式したいけど、どこで挙式しようかな?ということかと思います。海外挙式を販売していた時は、ハワイで!!とご来店の方も多かったですが、お話をお伺いしていると予算感、参列者の顔ぶれからもしかしたらハワイ以外の方が良いのでは・・・?というお客様もしばしばでした。

こちらの記事では人気挙式エリアの特徴をご紹介しますのでエリア選びにお役立てください☆

スポンサーリンク
広告1

私の経験上での勝手な人気ランキングはこちら!

1位   王道!言わずもがなハワイ!

2位   列席者に優しい、成田から3時間半のフライト、グアム

3位   とことんラグジュアリーな非現実世界を味わえる、バリ

と勝手にランク付けしております。ここに近年は沖縄挙式がぐいぐい食い込んでいるようですが沖縄は専門外なのであしからずです・・・。

今回は堂々の第一位、ハワイ挙式についてご紹介しますね。

ハワイについて

ハワイと言えば、日本人の人気旅行先ナンバー1といっても過言ではないと思います。

綺麗な海、青い空、美味しいお食事におしゃれなお店。私もハワイは大好きです。

フライトは8時間、時差は19時間ですが一周回ってほぼ24時間なのであまり感じないと言えます。

日本を出るフライトは現時点では夜発の便がほぼほぼで、現地に着くのが午前~昼なので、フライトで眠ってしまえば時差ボケにはなりにくいです。

通貨はドル、物価は日本より高めです。レストラン等、観光地価格だな~!と感じます。

日本でいう冬の時期は、ハワイなりに気温・水温も下がりますが、日本とは比べ物にならないくらい暖かいので、冬しかお休みが取れないという方も全く問題ないですよ☆

ハワイをおすすめしたいカップルはこんなカップル☆

■ハネムーンを兼ねて挙式をしたい!予算は100万~を検討している。

■青い空!青い海!晴天率にはこだわりたい!

■日本からの参列者も長距離フライトOK。もしくは2人きりの挙式を考えている。

 

逆に他のエリアをおすすめしてみるかな?と思うのはこんなカップル☆

■絶対に参列してほしい方にご年配の方、赤ちゃん連れの方がいる方。

⇒8時間のフライトは意外と体に負担がかかります。グアムがおすすめです♪

■日本で披露宴等行うので、低予算で海外挙式をしたい!

 ⇒グアムバリがおすすめ☆

■生花にこだわりたい!⇒バリがおすすめ☆

 

ただ、色々なご事情がありますので一概には言えません。あくまで個人的な経験上の意見です。どんな事情があってもご新婦さまのあこがれが絶対にハワイ!であれば、できるだけご事情に沿った会場をハワイをおすすめしていました。

ハワイで挙式をすると決めたならばいざ!!式場選びですね。

ここでのハワイ挙式はオアフ島での挙式を指していますが・・・ハワイ挙式は大きく分けて3エリア、式場のタイプは3タイプに分ける事が出来ると思います。

【3大エリアのご紹介】

①ホテルなどの集まる中心近郊エリア・・・基本的にはホテルでの挙式になりますので、列席の方にお子さんがいる場合や人数が多い場合に移動が少なくて済みますのでおすすめです。

また、格式高いホテルが多い為、商業用のチャペルに比べると2人の思い出のホテルが残る可能性が高いのも魅力ですね。

②東海岸エリア・・・あまり人の手が入っていない雄大なハワイの自然が残るエリアです。新しく建物を建てるのが規制が厳しいそうで、日本から手配があって人気会場なのはセント・カタリナとアロハ・ケ・アクアでしょうか。

③コオリナエリア・・・晴天率90%以上を誇る人気エリアです。海の色も心なしかワイキキより美しい様な気も・・・。日本人の観光客は少なく、欧米の方がくつろいでいる風景が印象的。ゴルフにも人気があります。難点はホテルエリアから1時間ほど車でかかることです。ハワイ挙式は通常ホテルのお部屋でお支度をしますので、ぐっとしめたドレスで1時間車に乗るのは結構ハード!と言われていますね。

【式場タイプのご紹介】

①ホテル併設タイプ・・・とにかく導線ばっちり!同行者も楽々。部屋で準備⇒挙式⇒レセプションの流れがとてもスムーズに済みますね。またホテルの場合思い出のホテルにまたもどってこれるというのも素敵です。

人気式場例・・・モアナチャペル、カハラ、マカナチャペルなど。

②チャペルタイプ・・・独立型になりますので、プライベート感があります。ホテルと違い一般の方がいないというのが最大の特徴です。またバンケットを併設している会場がほとんどですので、パーティまで楽しむことができます。また、挙式をするという目的のためにつくられた会場ですから、クオリティが高い所が多いです。

人気会場例・・・テラスバイザシー、ダイヤモンドヘッドアネラチャペル、コオリナチャペルなど

③教会タイプ・・・厳かな雰囲気で挙式をしたい方におすすめ。料金的にもチャペルやホテルより手ごろなことが多いです。唯一の難点はミサ等教会行事が最優先ということでしょうか。商業用ではありませんので、ウエディング会社の事情で急になくなってしまう、ということがないのも良いですね。

人気会場例・・・セントアンドリュース、キャルバリーバイザシーなど

④邸宅タイプ・・・最近増えているのがこちら。個人所有の邸宅を貸切って挙式を行います。とてもアットホームなおしゃれな挙式が可能です☆料金はほかの3タイプより割高に

ることが多いかもしれませんが・・写真等こだわりたい方も写真映えする家ばかりなのでおすすめです。

人気会場例・・・ハレプナカイ、マ・メゾンなど

ガーデン・ビーチなどの屋外挙式・・・2人だけの挙式の方は意外とビーチフォトを兼ねてビーチ挙式も良いですよ◎同行の方に年配の方や赤ちゃんがいる方にはおすすめしません。意外とハワイの暑さの中で30分ほど日陰の無い所にいるのはつらいものです。

ご希望の式場タイプと、立地を考慮すると挙式会場が絞りやすいですよ。

少しですが参考になれば幸いです。

 

私は個人的にはハワイのゲストハウスでウエディングをおこなう予定です

国際結婚なので、ゲストも多くアットホームな挙式の方がアメリカの挙式スタイルに近いのかなと思ったのがゲストハウスを選んだ理由です。

ハワイを選んだ理由は、実は上記のどれにも当てはまらなく、お互いの家族が平等に8時間ほど移動する中間地点だからです。笑

 

近々場所と挙式場のチャート表をわかりやすく作成して掲載したいなと思います。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。