国際結婚〜どうする招待状?〜

こんにちは!

先日やっとこさ結婚式の招待状を発送しました。

2月の挙式で9月には郵送できたので、まあ良いでしょう!ということで。

ハワイでやるにあたって、招待状についてかなり悩みました。
悩んだポイントは以下の点です。

①どっちの言語で招待状を書くか?

②日米どちらのスタイルで招待状を郵送するか?

③返信用はがきとかどうする?

きっと国際結婚された方で挙式をする方はみんな悩むんじゃないのかな~と思っているのですが・・・ネット上で情報を色々漁りましたが、なぜかあまり出てこない。
悩んだのは私だけなのか・・・いやきっと誰かいるはず!と思ってこの記事を作成しました。笑

スポンサーリンク
広告1

どっちの言語で招待状を書くか?

まず1つ目のお悩み。
最初は、日本語で書かれてもアメリカの家族はわからない&日本人でも英語が苦手な人もいる・・・ということで2種類の招待状を用意する案が出ました。
招待状作成の各会社も2種類の招待状作成OKというところは結構ありましたので、
それが良いかな?と。

でも、旦那さんの「日本語と英語と分けるのって変な感じがする・・・日本人とアメリカ人が結婚するんだから2人の言語を併記する方が、結婚という感じがしない?」という声で、日英併記の招待状にすることに決定!

普通日本の招待状なら、見開きの上、もしくは左側が時候等の挨拶、下もしくは右側が日時等になると思うのですが、私たちは見開き上を日本語・下を英語で作ってもらいました。文字数がきつきつになってしまったのですが、私たちらしくなった気がして満足!

ちなみに私たちが注文したのはコレです。ハワイなので夏色♪
手書き水彩画風がかわいくて、私のひとめぼれでコレにしてもらいました。

【最短即日出荷!!】結婚式 招待状 手作りキット クレール エテ 10名様分

価格:1,728円
(2018/9/8 09:38時点)
感想(0件)

日米どちらのスタイルで招待状を郵送するか?

まぁ、スタイルという言い方が当てはまるのかわかりませんが・・・
アメリカでは最近は1年前にsave the dateというカード、そして日本の招待状を送るようなタイミングでinvitation cardを送ることが流行っているそうです。

式場の予約自体は1年前に済ませていたので、save the date cardを送ることも出来たのですが、私はめんどくさがりです・・・。でも、旦那さんはハワイの挙式で海外旅行を兼ねるわけだから、日本の招待状のタイミング(3か月前とか)なんて遅いよー!!というわけです。

ズボラな私は、思いつきました。
9か月前に招待状送っとけば、1回で済むし、旦那さんの日付を早くお知らせしたいという希望もかなうやん、と。
列席の方々には早々と日付をおさえてしまうご迷惑となりますが、ハワイなんてほぼ親族と親友だけだしいいやろ!ってことで、日米の真ん中を取るスタイルに決定しました。

返信用はがきとかどうする?

本当は、海外の家族にも返信用ハガキ的な物を返送してほしかったのですが、問題が何点か。

①海外の返信用切手買うのが大変。相手がアメリカで郵便局に行って切手に換えてもらうようなスタイルみたいなので、日本みたいに投函だけとはいかず結局手間を取らせる。

②これは旦那さんの主張なのですが、基本的に日本のハガキみたいに簡素な物を結婚式には使わない。返信してもらうなら、返信用はがきに更に封筒を付けるべき!

③そもそも返信用はがきを英語で用意するのがハードルが高い。

この3点を踏まえて、結局日本在住の人には返信用はがきをつけて、海外の人には招待状に彼のメールアドレスを書いておいて、ここに期日までに出欠をメールして下さい!というスタイルにしました。

カップルごとに色々なスタイルがあるんだろうな、と思いますが、私たちはこうしたよ~という記事でした。

ハワイ、とても楽しみ!!

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。